新型出生前診断と他の手法

新型出生前診断について詳しく解説します!



このサイトでは、新型出生前診断と他の手法の検査を比較する際のポイントについてご紹介しています。
それぞれの検査を受けることによる母体への影響や検査の感度にも触れています。
また確定検査と比べた場合にはどちらのほうがリスクがあるのか、羊水検査と比べるとどちらが信ぴょう性があるのかなども詳しく説明しているサイトです。
これから検査を受けることを考えているのなら、知っておきたい胎児の検査についての情報をお届けしています。

新型出生前診断と他の手法を比較する際のポイント

新型出生前診断と他の手法を比較する際のポイント 母体の血液を用いて胎児の染色体の異常を調べる新型出生前診断は、最新の医療技術を用いた検査手法です。
2013年から日本では臨床研究がおこなわれていますが、まだ研究段階です。
胎児の出生前診断にはこれ以外にもいくつかの方法があります。
たとえばX線や超音波、それにMRIなどの画像診断や羊水・絨毛・臍帯血などから胎児の細胞を採取して検査する方法、それに胎児鏡や着床前診断も出生前診断に挙げられます。
他の診断方法と新型出生前診断を比べる際のポイントには時期や精度、それに母体へのリスクもポイントが挙げられるでしょう。
また何を調べることができるのか、診断できる内容もそれぞれの検査によって違うため比較のポイントになります。

比較的手軽に受けることができる新型出生前診断の特徴とは

比較的手軽に受けることができる新型出生前診断の特徴とは 赤ちゃんが先天性の異常や病気をもっていないかを調べる出生前診断の方法にはいくつかありますが、その1つが新型出生前診断です。
2013年に日本での臨床研究を実施されている比較的新しい診断方法であるため、どのような特徴があるのか良く知らないという人もいるのではないでしょうか。
対象の妊婦さんは限られていますが、比較的高い年齢の人で気になる染色体異常の確認をしたいというときには役立つ可能性がある検査です。
新型出生前診断を受けると胎児が21トリソミーや18トリソミー、そして13トリソミーの染色体異常を持っている可能性があるかどうかがわかります。
しかしそのほかの染色体異常や先天異常などは調べられないほか、確実に診断が可能であるというわけでもありません。
もしこの診断で陽性になった場合には、羊水検査や絨毛検査を受ける必要があります。
しかし13トリソミーや18トリソミー、21トリソミーの罹患率が高くなる35歳以上の方でにとっては、血液を採取して調べることができるため、比較的手軽に受けられるというメリットがあります。
羊水検査や絨毛検査はより確実な診断が可能ですが流産の危険性もあるのが特徴です。
そういったリスクも低い点も優れているポイントです。

新型出生前診断と羊水検査の違いとは何なのか

新型出生前診断は、2013年から行われている比較的新しい検査方法で、妊婦の血液を採取して行う検査です。
この検査は、妊娠10週目以降から検査することができます。
精度が高い検査方法ですが、非確定的な検査のため、陽性と判定された場合には、偽陽性の可能性があるため、確定的な検査を受けて診断を確定させなければなりません。
しかし、診断を確定させる前に陽性と判断された妊婦による命の選別が行われる可能性があります。
一方羊水検査とは、羊水の中に含まれる胎児の細胞を調べて染色体の異常があるか検査します。
妊娠15週目以降から検査することができます。この検査は子宮の中へ直接針を刺すため、針を刺した後に出血や破水などにより、胎児が流産してしまうことがあります。
また、胎児の細胞を十分に培養できないため、検査が実施できないこともあります。
新型出生前診断は胎児に影響を与えにくい検査方法ですから、より安全です。
双方の違いをよく理解して出生前診断を行ってください。

新型出生前診断とダウン症候群と常染色体の数の異常

新型出生前診断を行うとダウン症候群であるかチェックすることが可能ですが、ダウン症候群は22対ある常染色体のうち21番目の染色体の数が3本ある状態となり、数の異常で発症します。
正常の場合は21番染色体が2本となりますが、非確定検査の一種である新型出生前診断は、母親の血液を採取して遺伝子情報となるDNAから胎児の遺伝子を解読します。
母親の血液には胎児の染色体がかけらとなって流れており、正常核型の胎児の場合は1.3パーセント出現しますが、ダウン症候群の場合は21番染色体由来の染色体のかけらが1.42パーセント出現することが研究によって判明しました。
検査の結果が陽性の場合はダウン症候群の可能性がありますが、年齢によって陽性的中率が変化するため、あらかじめ認識しておく必要があります。
陰性の場合は、99.9パーセントの確率で異常はないとされています。
陽性の場合は、個人差はありますが筋肉の緊張力の不足や知能発達の障害等の症状があり、抵抗力の低さから合併症が生じやすくなります。
具体的には心臓病や白血病が発症する可能性があります。

高齢出産と新型出生前診断と体への影響が少ないこと

女性が35歳以上で出産すると高齢出産となり、赤ちゃんがダウン症等の染色体異常を持って生まれる確率が高くなりますが、新型出生前診断を行うと胎児の染色体異常を発見することができます。新型出生前診断に関しては、母体の血液中に含まれる胎児の染色体の分析を行う検査となり、検査を行うことで特定の染色体異常を発見することが可能となります。
通常21番染色体は2本存在しますが、ダウン症の胎児を妊娠している場合は21番染色体が3本存在することが認識されました。結果は陽性か陰性で伝えられますが、陽性の場合は先天性心疾患や知的障害、運動機能が低い等の症状があり、外見は低身長や耳の位置が低い等の特徴がみられます。
陰性の場合は99.9パーセントの確率で異常がないと認識することが可能です。妊娠中に検査を行うため体への影響がないか注意する必要がありますが、採血のみで行う検査ということで、体にとって大きな影響を与えることはないでしょう。検査費用については、約20万円前後となり、保険は適用されないため、注意する必要があります。

新型出生前診断には、医師の事前説明が重要です。

妊娠が判明した時とても嬉しい気持ちになる一方、赤ちゃんが健康に生まれるか気になる方も多いでしょう。特に高齢の妊婦さんにとってはなおさらです。高齢出産には様々なリスクがつきまとい、赤ちゃんがダウン症等の先天異常をもって生まれる可能性が上がることがわかっているからです。
近年、新型出生前診断を受ける妊婦さんが増えています。これは妊婦さんから少量の血液を採取し、そこに含まれる胎児のDNAを調べる検査手法です。胎児のDNAを調べることにより、3つの染色体異常の有無を知ることができます。
染色体に異常があると、赤ちゃんが先天異常を持つ可能性が高まるため、結果によっては人工妊娠中絶を選ぶ妊婦さんも多くいます。母体にとってリスクの少ない簡便な検査法である一方、生まれてくる赤ちゃんの命の選別につながるという批判があります。
そのため、新型出生前診断を受ける前には医師の十分な説明を受け、結果をどのように受け止めるのか、事前に夫婦でよく話し合っておく必要があります。

NIPTの参考サイト

新型出生前診断 名古屋

新着情報

◎2020/12/23

陰性なら健康な赤ちゃんなのか
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

確定検査とどちらがリスクがある?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 異常」
に関連するツイート
Twitter

出願日:2020-04-13 出願人:株式会社日立製作所 名称:異常診断装置、および、保守管理システム 要約:【課題】 本発明では、異常診断の確度を判定でき、従来よりも診断の信頼性を上げることができる、回転機システムの異常診断装置を提供することを目的とする。 【.. 続き

まさかのまさか。日本では年間300万人以上が人間ドックを受けて、結果9割の人が何らかの数値異常診断されるらしい。わざとハードルを低くするようで、元々の数値が異常なのだとか。欧米では「人間ドックは無意味」というにが常識とは知らんかったな

返信先:一般的な検査で明確な異常がわからなかった時に、すぐ精神的なものとして片付けようとするのやめて欲しいですよね😭 すぐ診断がつかないとストレスじゃない?とか言われて、ストレスでここまで症状出ないでしょって思っちゃいます😓

毎度診断で『REI:0cord』って打ったときに幽々子様が出る確率が異常すぎるw 推しだから嬉しいんだけどね?!なんか…「幽々子様あなたよく出ますね!?」ってなるわ…w

返信先:異常な底力とかちょいちょい悪意あるよね笑その診断